読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部キーデータの選択 (Windows & Linux)

外部キーデータの選択機能は、簡単に参照テーブルから外部キーの値を取得できる機能です。マスターテーブルから使用可能な値を探すためにかかる時間を大幅に削減できます。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144531p:plain
子テーブルを選択
”テーブルを設計”で外部キー制約を設定
外部キータブを選択して、キーを追加

 

f:id:Navicat_JP:20170330144532p:plain
テーブルビューでそのテーブルを開きます。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144533p:plain
このボタンをクリックして、データ選択ウィンドウを開きます。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144534p:plain
デフォルトで、1ページに100レコードが表示されます。グリッド上で右クリックし、”全て表示”を選択すると、使用可能な値が全て表示されます。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144535p:plain
マスターテーブルの他のカラムを追加で表示したい場合、”設定”ボタンをクリックし、左の枠からカラム名を選択します。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144536p:plain
特定のレコードを探したい場合、編集ボックスに値を入力し”フィルター”ボタンをクリックします。

 

f:id:Navicat_JP:20170330144537p:plain
テーブルビューに挿入したいデータや値をダブルクリックして選択します。

 

今すぐ14日間全機能使用可能の無料評価版を試用しましょう。

jp.navicat.com